転職悩みランキング5選!内定後気が進まないで転職活動続ける人の特徴

転職うまくいかない

転職活動のよくある悩みランキング5選。内定をもらって終わりではない!

転職活動をする中で簡単に内定を獲得出来る方もいれば、内定をもらうまでに長い時間を要する方もいます。
エージェントとして活動をさせていただく中で、転職活動に関しての悩みも様々なものをお伺いしています。

またそれは内定をもらうまでのお話だけではなく、内定をもらった後にも言える事です。
もらう前はあれほど欲していた内定なのに、いざ手にすると承諾の一言がなかなか言えないという方は意外と多くいらっしゃいます。

今回はそんな内定をもらうまでの求職者に多いお悩みと、内定獲得後に陥りがちなお悩みについてどんなものがあるのかをお話します。
これから転職活動を考えられている方は、記事を参考に事前に準備をしていただければ幸いです。


スポンサーリンク





転職悩みランキング5選!

内定をもらうまでのお悩みランキング5選

5位 そもそも転職をするべきか決めかねている

待遇面や職場環境に何か不満を持っている一方で、「行きたい会社」を明確に出来ていないため転職先の会社を探すのに苦労をしている方に多いお悩みです。

転職エージェントをしていても、時折漠然とした転職願望だけを持ってご相談にいらっしゃる方がいらっしゃいます。
そういった方には就業している会社の現状からお伺いをさせていただき、転職をすべきか否かを私達は一緒に考えます。

転職エージェントはただお仕事を紹介するだけではなく、その方のキャリアにとってベストな道筋へ導いていく事が役割です。
現職に留まるべきと思えばその通りアドバイスをしますし、より良い環境があればご紹介もさせていただきます。

市場価値を知るという意味でもキャリアで何か迷われている事があるのであれば、まずは転職エージェントに相談をしてみるのも一つの手段です。

4位 希望を満たす求人がなかなか見つからない

転職を考える理由は人それぞれであれば、当然新しい就業先に求める条件も人それぞれです。

現状よりも良い環境で働きたいという思いがあるのは当然ですが、その思いが強すぎるが故に応募したい企業がなかなか見つからないという方もいらっしゃいます。
給与や勤務地、役職、福利厚生等、企業を比較するポイントは様々な部分にあります。

一方で全ての理想を満たす求人は存在しないという事をしっかりと理解しておくことが大切です。

仮に給与も高くやりがいもあってしっかりと完全週休二日制で休める上に残業もない会社があったとすれば、その会社を退職する人は滅多に現れません。
人が辞めないのであればその会社が中途採用を行う事は滅多に無くなります。

完璧な条件に巡り合えないのは求職者のスキル云々の問題ではなく、企業の採用ニーズの問題です。
転職市場の事をしっかりと理解をし、転職をする上で条件面での優先軸を大切にするようにしましょう。

3位 未経験で新しい事に挑戦をしたいが受けられる求人が少ない

第二新卒くらいであれば業界未経験であっても選考を受けることが出来る会社は増えてきているように感じます。

20代中盤から後半、30代前半の方に多いお悩みです。
求人票に「未経験歓迎」の記載があっても応募をしてみたら第二新卒限定であったなど、企業の採用ターゲットと実際の求職者の年齢層に乖離があるケースが見受けられます。

大切なのはキャリアチェンジが出来るのであれば、その他の条件についてはある程度妥協をしなければいけないという事です。
新卒でその分野に挑戦をした方に比べて、20代中盤以降でのキャリアチェンジは数年のハンデがあります。

その差を埋めるためにはある程度のハードワークも求められますし、給与が下がる事も覚悟しなければなりません
その覚悟を持った上で、様々な会社に目を向ける事が大切になります。

2位 希望している勤務地で求人が少ない

地方都市にお住まいの方から良くお伺いするお悩みです。

ご家族のご事情によってUターンを希望される方や、東京や大阪といった主要都市で働けない方も多くいらっしゃいます。希望しているエリアでの求人の母体数がそもそも多くなく、なかなか転職活動に苦戦をされている方をお見掛けします。

そういった方には地域特化の転職サポートを行っている転職エージェントへの登録をおすすめします。
地域特化で行っている転職エージェントを利用するメリットとして、大手にはない独自のコネクションを持っている場合が多いため、希少な求人に出会える可能性は高くなります

1位 年齢が理由で面接に繋がらない

本来であれば求人募集において年齢制限を設けるのはタブーと言われています。

しかし実際のところは組織の年齢構成のバランスから、年齢が選考結果に影響を与えてしまうケースも少なくありません。その場合には自分の年齢にあった求人媒体や転職エージェントを活用することをおすすめします。

たくさんの求人情報がある中で、現在はハイクラス向けのものもあれば若手向けのものあります。
年齢層に特化した転職サービスを活用するようにしましょう。

スポンサーリンク





内定後気が進まないで転職活動続ける人の特徴

内定後に気が進まなくなってしまう方の特徴

せっかく内定を頂いても、いざ承諾をするか否かの段階になると慎重に決定をしなければなりません。
それは当然の事でもありますが、慎重になりすぎてしまう方も時折お見受けします。

結果もっと良い会社があるのではないかと転職活動を続ける決心をした結果、より良い会社へ行けたケースもあればその後何年も就業先が決まらないケースもありました。
内定後に決心が出来ない方の特徴は大きく分けて二つあります。

①外部の情報を多く取り込みすぎている

働こうとしている会社を事前に知ることはとても大切ですが、一方で鵜呑みにしすぎてしまうのは良くありません。

特徴の一つ目はネットの情報を信じすぎている方です。
情報社会と言われる現代において、会社の評判は調べればある程度知る事は出来ます。

良い評判が多い中でも悪い評判が一つでもあると、気になってしまい内定承諾が出来なくなってしまう方が時折いらっしゃいます。
会社も色々あるように働く方も色々な方がいらっしゃいます。

他人の評価を気にするよりも、面接等を通して自分の目で見たものを信じる事を私はお勧めします。

②より良い会社があるのではないかと感じる

内定を獲得することによって心に余裕が生まれると、

内定獲得者
もっと良い条件の会社を見つけられるのではないか

という自信を持たれる方がいらっしゃいます。
その感覚は間違いではありませんし、実際にそうしてより良い会社を見つけた方もいらっしゃいます。

一方で内定辞退をしてその後数年間に渡り、転職市場に残ってしまう方にこの特徴をお持ちの方は非常に多いです。
転職活動においてスキルや年齢、転職回数と同じくらい大切な要素が「タイミング」です。

スキルや経験があっても募集が無ければ内定はもらえないという事を忘れないでください。

まとめ

転職市場における企業の採用ニーズは常に変わり続けています。
誰もが認めるような素晴らしいキャリアを歩んできている人でも、働く企業は選び放題ではありません。
それは企業目線に立っても同じ事で、どれだけ素晴らしい会社でも誰でも採用出来る訳でもありません。
他の市場と同様に双方の需要と供給のバランスがあって成り立っている市場という事をしっかりと把握することが大切です。

あなたの転職活動がうまくいきますように。

スポンサーリンク




コメント