コロナ禍転職影響大で厳しい業種や市場は?現在や今後の求人動向予測

転職時期

コロナウイルスの影響が大きい業種と少ない業種は何?現在の求人動向について

2020年の3月から本格的に政府もコロナウイルス対策として、テレワークや外出自粛を世間に対して求めるようになりました。
転職市場にも大きな影響を与え、求職者の中には転職を先送りにしている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな中でコロナウイルスの影響を大きく受けている業種とそうでは無い業種があります。
最初の緊急事態宣言から1年近くが経過しており、転職市場においてはその差が顕著になってきています。

私自身は建設業や不動産業に特化をした転職エージェントとして活動をさせていただいております。
そのためもちろん同業界における市場動向以外には直接携わる機会はありませんが、同業社の方や求職者とお話をする中で様々なお話をお伺いする機会があります。

今回はそんな経験談を元に、コロナ禍での求人動向を業種毎にお話をしていきたいと思います。


スポンサーリンク





コロナ禍転職影響大で厳しい業種や市場は?

コロナ禍転職で最も大きい影響を受けている業種は?

コロナウイルスの影響を最も受けている業種は、飲食業になります。
この点について想像はつきやすいのではないでしょうか。

外出自粛令や営業時間短縮等、直接的に大きな影響を受けている業種であり、政府も支援金を出す必要が出るほどに現状苦しい業種です。
同時に以前は採用に対しても非常に積極的な企業が多かった印象ですが、現在は求人を出している企業は非常に限られています。

飲食業に特化をしたエージェント業をされている方とお話をさせていただく機会がありましたが、現在は同業界での紹介は難しく、異業種への紹介にも参入をしている状況との事でした。

イートインでの営業が難しくなる一方で、テイクアウトやデリバリーにも強みをもつ企業は売上を伸ばしている企業もあります。
例えば日本マクドナルドホールディングスや日本KFCホールディングス(ケンタッキー)は、コロナ以降に最高益を記録した企業でもあります。

Uber Eatsの普及も後押しとなり、外食産業の中でも世間のニーズに適応していった企業も多くあります。
同業界での転職を考えている方にとっては、企業研究の参考になるポイントの一つになるのではないでしょうか。

影響の少ない業種

最も影響が少なかった業種はIT業界ではないでしょうか。

元々パソコン一つでも業務が出来るお仕事が多く、テレワークにも難なく対応が出来る業種という点がプラスに働いている印象です。
転職市場においてもほとんど影響は受けておらず、求人数も多くあります

また同業界の場合は未経験でも挑戦を歓迎している企業も多くあるため、コロナを機に異業種から参入をしている方も多くなっている印象です。
今後も求人数が少なくなるという事はほとんどあり得ない状況の為、同業種での転職を考えている方はあまり気にする必要はない問題ではないでしょうか。

スポンサーリンク





現在や今後の求人動向予測

建設業界における影響

建設業界のアドバイスを専門でやらせていただいておりますので、建設業界への影響についても少しお話します。
建設業界に関しては職種によって採用ニーズに大きな違いが出てきています。

まず施工管理等の実際に工事現場で働く職種に関しては、コロナウイルスの影響はほとんど受けていない印象です。
その理由として元々労働人口が少ない職種であり、離職率も低くないことが挙げられます。

また建設業は大きなお金が動くビジネスでもあるため、コロナウイルスが理由であっても建設現場単位で業務を止める事が難しいという点もあります。

それに比べ多少影響を受けた印象を受けるのは設計職等の職種です。
一回目の緊急事態宣言後は同職種に関しては採用をストップする企業も見受けられました。

しかし2021年現在は採用活動を再開する企業が増えてきている印象です。
テレワーク環境の整備が進む中で、在宅でも問題なく業務が出来るようになった事が要因かと思います。

当初は多少なりの影響を受けていた建設業界ですが、現在は職種問わず採用ニーズは戻ってきている状況です。
建設業界での転職をお考えの方は、IT同様そこまで気に掛ける必要はありません。

コロナをきっかけにキャリアチェンジを検討する場合

現在働いている業界の景気が芳しくないという事で、キャリアチェンジを検討されている方も増えているのではないでしょうか。

業界を変えるとしても職種が同じ、例えば営業職から営業職への転職であればほとんど問題なく活動を進める事は出来るかと思います。
特に20代の若手であれば、選択肢は比較的多いと考えられます。

一方でこれを機に特別なスキルを身に付けたいという気持ちから、専門的な職種を検討されている方も増えてきています。
IT業界のSEや建設業界の施工管理職は未経験からでも受け入れてもらえる可能性のある職種です。

ただ未経験という事は当然最初の待遇面を期待する事は出来ず、給与ダウンはある程度覚悟して転職する必要があります。生活もある中での転職は現実と理想をしっかりと天秤にかけて、どちらが大切かをはっきりとさせておくことが大切です。

まとめ

コロナウイルスは転職市場において様々な影響を残していきました。
そしてまだまだその影響は後を引く可能性もあります。
転職をお考えの方は、しっかりとした情報収集からまずは始める事をお勧めします。

スポンサーリンク




コメント