WEB面接zoomスマホのやり方や準備 服装や背景,何分前がルール?

面接対策

zoom面談のやり方解説!コロナを機に普及したweb面接について

コロナウイルスの流行は様々な企業や労働者に大きな影響を与えました。
この機会に会社の財務体制や安定性に対して疑問を覚え転職活動をする方も増える一方、企業にとっては自社の社員を守るために様々な策を講じた会社も多くありました。

企業の採用活動における現場においても同様で、現在の状況は、来社される求職者の方には面接中のマスク着用を義務付け、建物に入る際にもアルコール消毒を徹底する会社がほとんどです。
中にはzoomやskypeといったwebツールを使っての面接を導入し、対面での面接を避ける会社も増えてきています。

コロナウイルスを機に注目をされた面接スタイルの一つではありますが、その利便性や効率の良さに注目をする会社も増えてきており、今後はスタンダードな面接手法の一つになるのではないかという予想もあります。

今回はそんなweb面接ツール、中でも注目をされているzoomの面接機能について解説をしていきます。


スポンサーリンク





WEB面接zoomとは?

WEB面接にはskypeやzoomが使われる

現状企業が導入をしているものとして、よく名前を聞くのがskypeとzoomの二つのwebツールです。
skypeは一般的なsnsとして普及をしている背景もあり、名前を知っている、むしろ使っているという方も多いかと思います。

その一方でzoomとは?一体どんなものなのでしょうか。

zoomの名前も最近初めて聞いたという方もいらっしゃると思います。
実際に私自身、コロナウイルスの流行前まではzoomというツールに関しては名前も知りませんでした。

zoomとは?利便性の高さと使用方法

zoomの特徴としてビジネスツールに特化をしているのがまず一つ挙げることができます。

zoomの特徴①1000名の参加者まで対応


引用:exciteニュース

その機能としてまず1つ目に参加者の上限が最大で1000名まで可能なため、大きな企業だと参加者が多い環境だと想定あれます。
そんな中でも安心して利用ができるのです。

zoomの特徴②ホワイトボード機能


引用:https://zoom-shukyaku.com/zoom-%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9-%E7%94%BB%E9%9D%A2%E5%85%B1%E6%9C%89-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89/

2つ目に共同注釈という機能が備わっており、zoom内で共有が出来るホワイトボードのような役割があります。
研修であれば講師の方が参加者に対して、実際の研修のように情報を文字化して伝える事が出来ます。

zoomの特徴③セミナー配信機能


引用:https://blog.coubic.com/onlinelesson/zoom-movie-sharing/

3つ目が会議に参加している方や社内の方以外に向けて、セミナー配信機能がある点です。
アプリ外の方に向けてYouTubeを通しての配信などが可能なため、多くの方にセミナーの提供が可能になります。
上記のような3つの機能がzoomの特徴とも言え、ビジネスのおける汎用性の高さがあると言われる理由になります。

スポンサーリンク





WEB面接zoomスマホのやり方や準備 服装や背景 何分前がルール?

WEB面接 zoomはスマホで出来る!やり方や準備とは?

では実際に求職者の方が面接をzoomで行うとなった際に、スマホで必要な手順をご説明していきます。

まずはzoomアプリのインストールを行います。

インストールが完了したら次にアカウントの取得を行いますが、自身が主催者となってミーティングを行う場合は取得が必須になりますが、そうでなければ必要ありません。企業とのweb面接のためだけにzoomを使うのであれば、企業が主催者として行うはずですので特に必要はないかと思います。

ですが無料で出来るので、今後使う可能性があるのであれば利便性を考えても取得することをお勧めします。

方法はzoomのHPから「サインアップは無料です」というタブをクリックします。
後は案内に沿って手続きをしていけば完了です。

基本的にここまでの手順は無料で行う事ができますが、アプリ内には一部有料のサービスもあります。
ただ個人で使うのであれば、特に課金をする必要はなく十分に活用が出来るのではないでしょうか。

実際のzoom面接に関しては、企業から事前に送られているzoomIDがあるかと思います。
これはミーティングの主催者が設定したIDで、簡単に言ってしまえば「面接会場」になります。

アプリから「ミーティングに参加する」をクリックし、頂いているIDを入力すれば参加する事が出来ます。


引用:https://zoom-japan.net/join-zoom-from-smartphone/

無事に参加者全員が部屋に入れば、面接が始まるでしょう。

web面接におけるマナー 服装や背景や何分前がルール?

実際の対面での面接同様、web面接においても最低限のマナーがあります。
まだ新しい面接手法になるので実際の対面面接に比べればそこまで厳しいものではありません。

まず事前準備に関して必要なものはそれほどありません。
あるとすればメモをするための筆記用具くらいではないでしょうか。

そして多くの方が悩まれるのが服装だと思いますが、これに関してはwebであってもしっかりと面接に適した服装で参加するようにしましょう。

基本的には着席をした状態で始まり着席をした状態で終了すると思うので、最悪は上半身だけでも大丈夫です。
背景の設定に関しては特に指定はありません

ただ会社から社外にあまり出せない話をされる場合もありますので、カフェなど外で参加をするのは避けたほうが無難かと思います。
最後に参加する時間に関しても、開始時間の少し早めにミーティングルームに入っておくようにしましょう

とは言っても1分〜2分前で大丈夫です。
もしも心配であればもっと早くに参加をしても問題はありません。

まとめ

コロナウイルスの流行を機に注目をされたweb会議やweb面接ですが、今後はスタンダードな打ち合わせ方法の一つになっていくのではないでしょうか。
テレワークをコロナ後も本格的に導入している企業が増えているように、今回の件で働き方や仕事のやり方を見直す企業が増えています。
新しい環境に適応する必要も増えてきているので、zoomに関してもしっかりとした知識を持って、フル活用出来るようにすれば就活も仕事も有利に進められるかもしれません。

スポンサーリンク




コメント