退職理由は人間関係!面接での伝え方回答例 パワハラで体調不良も前向き表現必須?

転職理由

様々な転職の理由がある中で人間関係に悩んで転職を検討するという方は多くいらっしゃいます。
中には一方的なパワハラなどに悩まされて退職に至ってしまうケースも少なくありません。

しかしそういった理由で転職を検討した際に、新しい会社への転職理由の伝え方や、どこまで話すべきなのかを悩まれる方は多いと思います。
ありのまま伝えてしまう事で面接結果に不利に働いてしまうのではないか
そういった不安を抱えている方に今回は人間関係を理由に転職をする方に向けた転職理由の回答例や、伝え方についてお話をしていきます。


スポンサーリンク





退職理由は人間関係!パワハラで体調不良も前向き表現必須?

人間関係の悩みをそのまま会社に伝えても良いのか

一般的に採用面接等における転職の理由は、なるべくポジティブなものや前向きなものの方が面接官の印象は良いと言われています。
確かに面接官としても「過去」に転職理由があるよりは「未来」に転職理由があった方が、伸び代や実際にその人が働いている姿を想像することが出来ると思います。

しかしストレス社会ともいわれる社会の中で、人間関係に悩んで新しい環境を求める方も非常に多いのが現状です。
それらの理由を企業に打ち明ける事によって、どういった印象を持たれるかという点は正直会社にもよるかとおもいます。

中には良い印象を持ってもらえないケースもあるでしょう。
それでも私は人間関係の悩みを抱えて転職をするのであれば、当然それを伝えるべきだと考えています。

それは「企業から内定をもらうため」ではなく「同じことを繰り返さないため」です。
新しい会社から内定をいただけたとしても、同じ人間関係の問題を繰り返してしまうのでは意味がありません。

企業側からしても、せっかく採用した人材が早期退職をしてしまうくらいなら、入社時に抱えている悩みは全て教えてほしいと考えているはずです。
パワハラに限らず様々なハラスメント、ストレスにさらされている中で、精神的に辛い状況に陥ってしまう方も当然いらっしゃると思います。
そういった体調面の悩みも含めて、入社時や面接時にはしっかりと就業先の企業へ伝える事が大切なのではないでしょうか。

スポンサーリンク





退職理由は人間関係!面接での伝え方回答例

人間関係が原因の退職理由は伝えるべき

ここまでお話をしたように、人間関係の悩みが転職の理由ならそれをしっかりとお伝えはするべきです。それでも伝え方で悩まれる方も多いと思います。悪い印象になってしまわないように、伝え方や回答例をお話していきます。

人間関係の悩みを転職理由として伝える際の例文と回答例

転職エージェントを利用すれば、転職理由を事前の書類選考の段階で聞かれるケースもありますが、基本的には面接の中で聞かれるケースがほとんどだと思います。

人間関係の悩みを転職理由として伝える際に、気を遣っていただきたいポイントは「他責にはしない」という点です。

パワハラを受けていればその上司に対しての恨みや妬みのようなものがあると思います。
自分の事を苦しめている相手であればそれは当然の事ですが、面接時に伝える際にはそういった感情はなるべく表に出さないようにしていただきたいのです。

会社にはたくさんの人がおり、当然その中で馬が合わない方がいるという事もあると思います。
人間関係で悩んだのはその馬の合わない方が「偶然」自分の上司になってしまったというだけであり、正直大きい会社であればどの会社でもあり得る事だと思います。

だからこそ、人間関係での悩みを「上司から正しい評価をしてもらえなかった」「指導をしてもらえなかった」等の他責にとらえられてしまうような言い方は避けていただきたいのです。
下記のような例文を参考にしていただければ幸いです。

若手の方向けの回答例

「一緒に働いていた方々やその環境でなかなか自分自身成長を実感することが出来なくなっていました。より自分に合った環境で今後は成長をしていきたいと考えています。」

中堅層の方向けの回答例

「仕事ではなく環境面で悩むことが多く、業務に集中が出来ない事が多くなりました。より自分の力を発揮できる環境で今後は働いていきたいと考えています。」

あくまで参考例になりますので、それぞれのケースによって組み替える必要はあるかと思います。
共通して伝えていただきたいのは、「過去には嫌なことがありました、でもこれからまた頑張りたいからチャレンジをしたいです」という事ポジティブな姿勢です。

最初に述べたように企業の面接の際には「未来の姿」を伝えていただく事がとても大切です。
前向きな意思を見せた上でなかなか理解を頂けない場合には、その会社で自分が活躍することは難しいと割り切るお気持ちも大切です。

まとめ

就業先を選ぶ上で職務内容は当然大切な事ですが、同じくらいに働く環境、一緒に働く人は大切です。
それまで力を発揮出来ていなかった方でも、一緒に働く人が変われば輝く可能性を秘めています。
人間関係に悩まれた時には「自分が悪い」「どこで働いても同じ」と自暴自棄になってしまうのではなく、まずは自分に適した環境を探してみるのが良いのではないでしょうか。
必要とされる環境で気持ちよく仕事が出来るように、今回のお話を参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク




コメント