転職エージェント面談服装ジーパンダメ? 女性登録者20代30代40代50代も多い?

転職エージェント

転職エージェントに相談する際の服装について!女性の相談者も多いのか

初めて転職する方であれば、まず何をすれば良いのか、どこに相談をすれば良いのかというのは誰しもが頭を悩ませる事だと思います。
求人広告から自分で応募をするのかもしくはHPから直接コンタクトを取ってみるのか、友人から紹介を受けるのか。そんな中で、転職手法の一つに転職エージェントを利用するというケースがあります。

昔に比べて転職が一般化してきた最近だと、その役割や、どう言ったビジネスモデルで成り立っている仕事なのかを理解している方も増えてきておりますが、もちろん転職をした事がない人にとってはなかなか想像がつかない世界でもあるでしょう。
転職が一般化するのと同時に、女性の方で男性にも劣らないキャリアを築き上げていく方も増えてきています。

今や女性の視点は企業に取っても重要なものであり、発展させていくために大事な要素の一つとして捉えている会社もあります。
今回はそんな女性のキャリア相談に関するお話と、転職エージェントに初めて面談する方からよくされる質問を解説していきたいと思います。


スポンサーリンク





転職エージェント面談服装ジーパンダメ?

エージェントに面談に行く時に準備するべき事

何度か転職を経験しており、エージェントを利用している方であれば知っていて当たり前の理解をされている事でも、初めての転職を経験する方はわからない事がたくさんあると思います。
その中でも一番よく受ける質問が服装と持ち物についてです。

転職エージェント面談服装ジーパンOK!

まず転職エージェントとの面談時の服装に関してですが、これに関してはスーツでないといけないと思っている方もいらっしゃるようですが、転職エージェントの面談に伺う際には基本的に私服で大丈夫です。

企業の面接などであれば当然スーツで伺う事になると思うのですが、転職エージェントとの面談は選考の場でもなんでもなく、ただあなた自身の事をエージェントへ伝える場でしかありません。
伝えるべき事はそれまでの職務経歴から学生時代の事、エージェントによっては趣味やプライベートな事まで多岐に渡り、大体一時間くらいが時間の目安になると思います。

エージェント側も夏場などはポロシャツで仕事をしている場合もあり、職種柄ラフな格好をしている事も多いです。
そのため転職エージェントとの面談の際には、自身がお話しするのに緊張しないような服装で全く問題はありません。

ビジネスカジュアルである必要もなく、Tシャツにジーパンといった服装でも大丈夫です。

転職エージェント面談時の持ち物リスト

次に持ち物に関してですが、直接お会いする際には履歴書と職務経歴書を必ずお持ちするようにしましょう。

あなたのこれまでのキャリアを説明する上でも、書面があるのと無いのとでは転職エージェント側からしてもわかりやすさの面で全然違います。
転職エージェントは書面を見ながら様々な疑問や気になる事を整理して、あなたの強みや弱みを理解しようとしています。

作成の仕方についてのアドバイスも受けることが出来るので、初回の面談の際にはこれらの書類はなるべく持って行く事をお勧めします。

スポンサーリンク





女性登録者20代30代40代50代も多い?

転職エージェントの女性登録者について

女性の働き方に関して、男性よりも多岐に渡っていると私は考えています。
女性でも役職者として活躍する方もいれば、ご家族を持って時短やテレワークといった働き方を望まれている方も増えています。

需要の増加に伴ってエージェントへの相談事項も現在は多岐に渡っており、時短で働ける職場を求めている方もいれば、女性のキャリアアップを推奨しているような会社を希望されている方も現在は多いです。
今回はどんな年代の女性がどんな職場を希望されているのかを解説して行きます。

転職エージェントの女性の年齢は?20代30代40代50代も多い?

20代の女性の方は新卒として働き出したキャリアの駆け出しです。
まだまだ働きたいという方が多く、年代的には男性20代の転職理由と大きな違いはありません。
キャリアアップや就業環境への不満などが転職の理由で、女性でも活躍出来る環境を求めている方が多いです。

30代の女性の方は結婚を意識しだす方が増えてきます。
20代同様に女性が活躍出来る環境を求めての転職が多いのと同時に、子育てや結婚を機に環境変化を理由とした転職も増えます。
時短を希望される方や旦那様の転勤を理由に自身も転職をすると言うケースです。

40代の方は一旦子育てや結婚生活も落ち着いた事で、現場復帰を目指しての転職活動をされる方が多いです。
20代で積み上げたキャリアをもう一度復活をさせて、やりがいのある仕事をもう一度やりたいと言う方ですが、この理由で転職や就業を考える方は技術職の方が多い傾向にあります。

50代の方に関しても同様の理由で転職を希望される方もいらっしゃいますが、女性の場合は年齢が高くなるにつれて、転職活動をされる方は減っていきます。
60代でと言う方はかなり少ないのが現状でしょう。

まとめ

 
女性の転職希望者のご相談もかなり増えてきている状況です。
企業も転職市場における女性の人材の需要増加を理解した上で、日常的なテレワークの導入や時短勤務の導入を本格的に行う企業も増えています。

子育てをしながら働ける環境を整える事で、もっと色々な方が活躍出来る社会が今後出来上がっていくのかもしれません。私達自身ご相談をいただく内容の種類も以前に比べて増えて来ています。気軽にキャリアの相談が出来る場所としてまずは一度利用してみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク




コメント